スポンサーサイト

  • 2016.01.09 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


薬膳インストラクターと薬膳マイスターの違い

薬膳インストラクターと薬膳マイスターの違いは、一般社団法人・日本能力開発推進協会と、一般社団法人・国際薬膳食育学会のHPで確認できます。

薬膳インストラクターと薬膳マイスターはどちらも民間団体が認定する資格です。

調理師や栄養士のような公的資格ではありません。

民間資格ですが「薬膳」の知識とノウハウの習得を証明します。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座を修了すれば一般社団法人・国際薬膳食育学会の認定資格を取得できます。

薬膳マイスター養成講座修了で取得できる資格は、一般社団法人・国際薬膳食育学会の国際薬膳食育師3級です。

国際薬膳食育師3球は薬膳マイスターのことです。

一般社団法人・日本能力開発推進協会の認定資格は薬膳インストラクターになります。

一般社団法人・日本能力開発推進協会の薬膳インストラクターを取得するには、日本能力開発推進協会認定の技能審査に合格することが必要です。

次に、薬膳インストラクターと薬膳マイスターの違いについて紹介します。

1)民間団体

薬膳インストラクターと薬膳マイスターの違いは資格を認定する民間団体の違いになります。

薬膳インストラクターの資格を認定する民間団体は一般社団法人・日本能力開発推進協会です。

薬膳マイスターの資格を認定する民間団体は一般社団法人・国際薬膳食育学会です。

薬膳インストラクターには上位資格はありませんが、薬膳マイスターには上位資格があります。

薬膳マイスターの上位資格は特級師範・国際薬膳食育師1級・国際薬膳食育師2級になります。

民間資格でも薬膳の知識とノウハウの習得を証明します。

「食」の仕事に役立つ資格です。

2)薬膳インストラクター資格

薬膳インストラクターと薬膳マイスターの違いの概要を紹介します。

薬膳インストラクターとして一般社団法人・日本能力開発推進協会から認定されるには指定講座を修了する必要があります。

薬膳インストラクターの認定資格取得のためのステップは2つです。

・ステップ1は、日本能力開発推進協会認定の教育機関が実施する教育訓練の全カリキュラムを修了します。

ステップ2は、日本能力開発推進協会実施の技能検定に合格します。

薬膳インストラクターは、指定講座のカリキュラムを修了して受験資格を得て技能検定に合格すれば資格取得できます。

3)薬膳マイスター資格

薬膳インストラクターと薬膳マイスターの概要を紹介します。

薬膳マイスターとして一般社団法人・国際薬膳食育学会から認定されるためには薬膳マイスター養成講座を修了する必要があります。

養成講座を修了すれば国際薬膳食育師3級を取得できます。

「がくぶん」の通信教育講座の薬膳マイスター養成講座を修了しませんか。

「がくぶん」の通信教育の養成講座の最後に実施される修了認定試験に合格すれば講座を終了できます。

国際薬膳食育師3級取得で、上位資格の国際薬膳食育師2級の受験資格が得られます。

国際薬膳食育師3級を取得することで、国際薬膳食育師1級・特級師範などの上位資格への挑戦の道も開けます。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座で学びませんか。

薬膳マイスター養成講座を修了すれば、一般社団法人・国際薬膳食育学会から国際薬膳食育師3級として認定されます。

日本人の味覚と体質に合うようにつくられた和漢膳の知識とノウハウを、健康食・美容食つくりに活かしてください。





薬膳マイスターの通信講座

薬膳マイスターの通信講座で和漢膳の知識とノウハウを習得しませんか。

通信教育講座の薬膳マイスター養成講座は「がくぶん」と国際薬膳食育学会にあります。

「がくぶん」は伝統と実績がある通信教育機関です。

国際薬膳食育学会は国際薬膳食育師の資格を認定する一般社団法人です。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座を修了すれば一般社団法人・国際薬膳食育学会の国際薬膳食育師3級を取得できます。

国際薬膳食育師3級は薬膳マイスターのことです。

「がくぶん」の通信教育講座で和漢膳の知識とノウハウを習得しませんか。

和漢膳は日本人の味覚と体質に合うようにアレンジされた薬膳です。

薬膳の知識を活かした健康食や美容食をつくりませんか。

和漢膳の知識とノウハウを活かした健康食や美容食は、見た目年齢を若くするだけでなく生活習慣病予防にも役立ちます。

スリムボディの美肌美人つくりの美味しい料理をつくりませんか。

次に、薬膳マイスターの通信講座の概要を紹介します。

1)通信教育講座で学ぶ

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座を活用したマイペース学習で和漢膳の知識とノウハウを学べます。

日本人の味覚や体質を考えてつくられた和漢膳の知識は美容食や健康食つくりに活かせます。

東洋医学理論を取り入れた料理を学ぶなら「がくぶん」の通信教育講座をおススメします。

家事や育児や会社仕事が忙しい女性は通学制の養成講座に通うのは困難です。

通信教育講座には通学制の講座のような決まった講座時間や通学時間はありません。

自宅でのマイペース学習で通信教育講座を利用して和漢膳を学べます。

2)自宅で薬膳を学ぶ

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座を利用すれば自宅で薬膳を学べます。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座は、日本の薬膳指導のパイオニアの板倉啓子先生が監修しています。

通信教育システムも通信教育教材も板倉啓子先生監修です。

「がくぶん」の通信教育システムや通信教育教材は、和漢膳のことを分かりやすくまとめてあります。

板倉啓子先生監修の教材はセットになっています。

テキスト4冊・DVD2巻・サブテキスト・指導問題集(全6回)・質問用紙・学習のためのガイドブックが教材セットにまとめられています。

自宅でのマイペース学習で通信教育講座を修了すれば、国際薬膳食育師3級を取得できます。

3)女性におススメの養成講座

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座を修了すれば、国際薬膳食育学会の国際薬膳食育師3級を取得できます。

国際薬膳食育学会が認定する国際薬膳食育師3級は民間資格です。

調理師や栄養士のような公的資格ではありませんが、和漢膳の知識とノウハウの習得を証明します。

薬膳マイスター養成講座は女性におススメの通信教育講座です。

家事・育児に忙しい女性でも通信教育講座ならば受講できます。

家事・育児のスキマ時間や会社勤務での通勤時間を利用して学習している女性も多くいます。

・子供の食育に活かしたい・ダイエット食をつくりたい

・アンチエイジング食つくりに活かしたい

・家族の生活習慣病予防食をつくりたい

・通学制の講座に通えない女性におすすめの数新教育講座です。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座は料理に関心がある女性に人気があります。

自宅でのマイペース学習で和漢膳の知識とノウハウを習得しませんか。

通信教育の養成講座を修了すれば国際薬膳食育師3級を取得できます。






薬膳マイスター合格率・合格ライン

薬膳マイスター合格率・合格ラインは修了認定試験に対応した和漢膳の知識とノウハウを習得することです。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座で学べば修了認定試験レベルに到達できます。

一般社団法人・国際薬膳食育学会の薬膳マイスターと「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座のサイトで和漢膳のことが紹介されています。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座を修了すれば国際薬膳食育師3級資格が一般社団法人・国際薬膳食育学会から認定されます。

薬膳マイスターは国際薬膳食育師3級のことです。

薬膳マイスター養成講座を修了するためには修了認定試験に合格する必要があります。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座で学べば修了認定試験合格に必要な和漢膳の知識とノウハウを習得できます。

日本人の味覚と体質に合うようにアレンジされた薬膳が和漢膳です。

「がくぶん」の通信教育講座で和漢膳の知識とノウハウを学びませんか。

次に、薬膳マイスター合格率・合格ラインについての概要を紹介します。

1)合格レベル

薬膳マイスター合格率・合格ラインを確認するには一般社団法人・国際薬膳食育学会のサイトを覗いてください。

「がくぶん」の薬膳マイスター講座のサイトでも確認できます。

国際薬膳食育学会か「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座を修了すれば国剤薬膳食育師3級(薬膳マイスター)の認定資格を取得できます。

薬膳マイスター養成講座は通信教育講座です。

「がくぶん」の通信教育講座で学べば合格レベルの知識とノウハウを習得できます。

2)6ヶ月で合格

薬膳マイスター合格率・合格ラインは「がくぶん」の通信教育講座でクリアできます。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座の標準受講期間は約6ヶ月です。

約6ヶ月の通信教育講座を受講すれば合格ラインはクリアできます。

家事や育児や会社仕事に忙しい女性でも約6ヶ月の標準受講期間で合格ラインに到達しています。

家事や育児の合間のスキマ時間を活用したマイペース学習で合格できます。

伝統と実績のある通信教育機関の「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座は理解しやすい内容にまとめられています。

薬膳が初めての人でも和漢膳の知識とノウハウをスムーズに学べます。

3)課題のクリア

薬膳マイスター合格率・合格ラインのクリアには、通信教育講座の最後に実施される修了認定試験で70点以上を獲得することが必要です。

修了認定試験で70点の合格ラインに到達するには、「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座でシッカリ学ぶことです。

通信教育講座での約6ヶ月の標準受講期間で課題はクリアできます。

薬膳マイスター養成講座では4冊のテキストが使用されます。

テキストは、・薬膳(和漢膳)とは・食材と生薬について・体質の見方と季節の薬膳・目的別薬膳に分かれています。

4冊のテキストを使ったマイペース学習で課題と修了認定試験はクリアできます。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座を使ったマイペース学習で課題と修了認定試験はクリアできます。

養成講座の標準受講期間の約6ヶ月で合格レベルに達します。






薬膳マイスターの取得期間の目安・傾向

薬膳マイスターの取得期間の目安・傾向は一般社団法人・国際薬膳食育学会と「がくぶん」の薬膳マイスター講座のサイトで確認できます。

薬膳マイスターとは国際薬膳食育師3級のことです。

国際薬膳食育師3級は国際薬膳食育学会の認定資格になります。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座を修了すれば国際薬膳食育師3級を取得できます。

伝統と実績がある人気の「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座を受講して和漢膳の知識とノウハウを習得しませんか。

通信教育講座なのでマイペース学習ができます。

ライフスタイルや勤務スタイルに合わせて自宅で講座を進められます。

家事や育児や会社勤務に忙しい女性の多くは通学制の講座を受講するのは困難です。

通学よりも在宅で資格を取得したい働く女性の多くは通信教育利用して学んでいます。

薬膳マイスター養成講座を受講しませんか。

次に、薬膳マイスターの取得期間の目安・傾向について紹介します。

1)「がくぶん」の養成講座

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座は通信教育講座です。

伝統と実績がある「がくぶん」にはたくさんの通信教育講座があります。

和漢膳の知識とノウハウを学べる薬膳マイスターは人気の通信教育講座です。

薬膳マイスターの取得期間の目安・傾向は、「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座のサイトで確認できます。

薬膳マイスター養成講座の標準受講期間は約6ヶ月です。

約6ヶ月の標準受講期間で国際薬膳食育師3級を取得できます。

2)国際薬膳食育学会の認定資格

薬膳マイスターの取得期間の目安・傾向は、一般社団法人の国際薬膳食育学会のHPでも確認できます。

「がくぶん」と国際薬膳食育学会のHPで紹介されている薬膳マイスターの資格は国際薬膳食育師3級のことです。

国際薬膳食育師3級は、「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座か国際薬膳食育学会の通信教育講座を修了すれば取得できます。

どちらの通信教育講座でも、薬膳マイスター養成講座を修了する条件は修了認定試験の合格です。

薬膳マイスター養成講座で6ヶ月間学んだ人の多くは修了認定試験に合格しています。

3)修了認定試験

薬膳マイスターの取得期間の目安・傾向を「がくぶん」と国際薬膳食育学会のHPで確認したら受講申し込みをしてください。

約6ヶ月間の通信教育講座を利用したマイペース学習で認定資格を取得できます。

薬膳マイスターの通信教育講座では通信課題を5回提出する必要があります。

通信教育講座の最後に実施される修了認定試験に合格すれば国際薬膳食育師3級の認定資格を取得できます。

修了認定試験は自宅でテキストを見ながら受験できます。

自宅でリラックスしてテキストを見ながら受験できる修了認定試験の合格可能性は高いですね。

「がくぶん」薬膳マイスターの通信講座と一般社団法人・国際薬膳食育学会のHPで概要を確認できます。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座(通信教育)の最後に実施される修了認定試験に合格すれば国際薬膳食育学会の認定資格の国際薬膳食育師3級を取得できます。





薬膳マイスター資格取得方法

薬膳マイスター資格取得方法は通信教育講座を利用するのが適切です。

通信教育講座は「がくぶん」と国際薬膳食育学会にあります。

伝統と実績がある通信教育機関の「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座のサイトと一般社団法人・国際薬膳食育学会の通信教育講座のサイトで確認できます。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座と国際薬膳食育学会の通信教育講座の内容は同じです。

どちらを修了しても国際薬膳食育師3級資格を取得できます。

国際薬膳食育師3級資格は薬膳マイスターのことです。

一般社団法人・国際薬膳食育学会の認定資格になります。

国際薬膳食育学会には国際薬膳食育師3級の上位資格もあります。

特級師範・国際薬膳食育師1級・国際薬膳食育師2級などです。

「がくぶん」の通信教育講座を修了して国際薬膳食育師3級を取得して上位資格にも挑戦しませんか。

1)薬膳の養成講座

薬膳マイスター資格取得方法では通信教育講座をおススメします。

一般社団法人・国際薬膳食育学会か「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座を修了すれば国際薬膳食育師3級を取得できます。

国際薬膳食育師3級は薬膳マイスターのことです。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座は分かりやすいと人気の通信教育講座です。

「がくぶん」の通信教育教材は、テキスト4冊 ・DVD2巻・サブテキスト・指導課題集です。

カラー写真で分かりやすくまとめられたテキストは、「薬膳とは」・「食材と生薬について」・「体質の見方と季節の薬膳」・「目的別薬膳」になります。

DVDには基礎編と料理編の2つが用意されています。

日本での薬膳の第一人者の板倉啓子先生が監修・指導している通信教育講座です。

2)人気の通信教育機関

薬膳マイスター資格取得方法では人気の通信教育機関の「がくぶん」の通信教育講座活用をおススメします。

薬膳マイスター養成講座の標準受講期間は6ヶ月です。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座を修了すれば、国際薬膳食育師3級を国際薬膳食育学会から認定されます。

「がくぶん」には薬膳マイスター養成講座の他にもたくさんの講座が用意されています。

伝統と実績がある通信教育機関の「がくぶん」の通信教育講座なら自宅でマイペース学習ができます。

3)「がくぶん」の通信教育講座

薬膳マイスター資格取得方法では「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座をおススメします。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座のメリットを紹介します。

・日本の薬膳の第一人者の板倉啓子先生が監修指導した通信教育教材で学べる。

・日本人の味覚と体質に合うようにアレンジされた和漢膳の知識とノウハウを学べる。

・健康食や美容食つくりに薬膳の知識とノウハウを活かせる。

・入手困難な和漢生薬を購入できる。

・自宅でのマイペース学習で和漢膳(薬膳)の資格を取得できる。

・就業サポートや教室開講機会などの知識とノウハウも得られる。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座を受講しませんか。

人気の通信教育機関の「がくぶん」の通信教育講座なら、マイペース学習で和漢膳の知識とノウハウを習得できます。

講座を修了すれば国際薬膳食育学会の国際薬膳食育師3級資格が得られます。






薬膳マイスターの資格取得のメリット

薬膳マイスターの資格取得のメリットは和漢膳の知識とノウハウを習得していることを証明できることです。

和漢膳は日本人の味覚と体質に合うようにつくられた薬膳です。

和漢膳の知識とノウハウをスリムボディつくりの健康食や美肌ダイエットの美容食つくりに活かしませんか。

薬膳マイスターの通信講座は伝統と実績がある人気の通信教育機関の「がくぶん」にあります。

日本人に合うようにアレンジされた和漢膳の知識とノウハウを、生活習慣病予防やアンチエイジングやダイエットや美肌つくりに活かしませんか。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座を修了すれば国際薬膳食育師3級を取得できます。

国際薬膳食育師3級は薬膳マイスターのことです。

一般社団法人・国際薬膳食育学会の認定資格になります。

国際薬膳食育学会の認定資格には国際薬膳食育師3級の上位資格もあります。

特級師範・国際薬膳食育師1級・2級などです。

東洋医学理論を取り入れた料理の知識とノウハウは健康食・美容食つくりに役立ちます。

次に、薬膳マイスターの資格取得のメリットを紹介します。

1)スリムボディの健康食

薬膳マイスターの資格取得のメリットはスリムボディの健康食つくりに役立つことです。

筋肉質のスリムボディは見た目を若くするだけではありません。

メタボリックシンドロームの心配がありません。

メタボリックシンドロームは生活習慣病のリスクを高めます。

生活習慣病には脳卒中・心臓病・高血圧・糖尿病・肥満などがあります。

和漢膳の知識とノウハウを活かした健康食をダイエット・スリムボディつくりに役立てませんか。

2)アンチエイジングの美容食

薬膳マイスターの資格取得のメリットはアンチエイジングの美容食つくりに役立つことです。

年齢肌や年齢サインは見た目年齢を老けさせます。

「がくぶん」の通信教育講座を利用して和漢膳の知識とノウハウを学んでください。

和漢膳を活かした美味しい美容食でアンチエイジングしませんか。

年齢肌や年齢サインを改善するアンチエイジング効果のある美容食が見た目年齢を若くします。

3)子供の「食育」

薬膳マイスターの資格取得のメリットは子供の成長をサポートする「食育」に活かせることです。

日本人の味覚と体質に合うようにアレンジされた薬膳の知識とノウハウを食育に活かしませんか。

食育は知育・体育・徳育の基礎になります。

和漢膳を食育に活かすことで子供の知育・体育・徳育を「食」の面からサポートできます。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座を修了して国際薬膳食育師3級(薬膳マイスター)を取得しませんか。

和漢膳の知識とノウハウは、スリムボディの健康食やアンチエイジングの美容食や子供の食育に役立ちます。





薬膳マイスターの資格概要

薬膳マイスターの資格概要は、一般社団法人・国際薬膳食育学会や通信教育機関の「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座のサイトで確認できます。

人気の通信教育機関の「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座や一般社団法人・国際薬膳食育学会の薬膳マイスター養成講座を受講して認定資格を取得しませんか。

薬膳マイスターは一般社団法人・国際薬膳食育学会の認定資格です。

一般社団法人・国際薬膳食育学会の認定資格には、特級師範・国際薬膳食育師1級・国際薬膳食育師2級・国際薬膳食育師3級があります。

薬膳マイスターは国際薬膳食育師3級のことです。

「がくぶん」の通信教育養成講座も国際薬膳食育学会の通信教育講座も同じ内容です。

通信教育講座を修了すれば国際薬膳食育師3級を取得できます。

次に、薬膳マイスターの資格概要を紹介します。

1)国際薬膳食育学会

薬膳マイスターの資格概要は、人気の通信教育機関の「がくぶん」と一般社団法人の国際薬膳食育学会のサイトで確認できます。

通信教育機関として伝統と実績のある「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座や一般社団法人・国際薬膳食育学会の通信教育講座を受講してみませんか。

板倉料理学院の薬膳コースを基礎にして一般社団法人・国際薬膳食育学会は発足しました。

一般社団法人・国際薬膳食育学会の初めのステップの食育師資格が薬膳マイスター(国際薬膳食育師3級)です。

薬膳マイスター(国際薬膳食育師3級)を取得して上位資格に挑戦する人も多いようです。

2)認定資格

一般社団法人・国際薬膳食育学会のHPで薬膳マイスターの資格概要が紹介されています。

国際薬膳食育学会の認定資格である特級師範・国際薬膳食育師1級・国際薬膳食育師2級・国際薬膳食育師3級は民間資格です。

調理師や栄養士のような公的資格ではありません。

民間団体の認定資格ですが和漢禅の知識とノウハウを証明するのに役立ちます。

和漢膳とは日本人の味覚と体質に合わせてつくられた薬膳のことです。

国際薬膳食育学会の認定資格を取得して「食」の仕事に役立てませんか。

3)通信教育で学ぶ

国際薬膳食育師3級である薬膳マイスターの資格概要が分かったら通信教育講座を受講しませんか。

通信教育機関としての伝統と実績がある「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座は通信教育なので、通学時間や講座時間に縛られることはありません。

家事や育児や会社勤務で通学できなくても自宅でマイペース学習ができます。

休日やスキマ時間を活用したマイペース学習で和漢膳の知識とノウハウを習得できます。

人気の通信教育機関の「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座と一般社団法人・国際薬膳食育学会の薬膳マイスター養成講座は通信教育講座です。

通信教育講座を修了すれば国際薬膳食育師3級を取得できます。

認定資格は和漢膳の知識とノウハウを習得している証明になります。





薬膳マイスターの志望動機

薬膳マイスターの志望動機には美味しい薬膳料理を食べたい・つくりたいなどがあります。

薬膳をつくりたい・健康食や美容食に薬膳を活かしたい・美味しい料理を食べたい・薬膳の知識とノウハウを活かした美味しい料理をつくりたい人は、「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座を受講しませんか。

伝統と実績がある通信教育機関の「がくぶん」の通信教育講座は分かりやすいので人気があります。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座の約6か月で、和漢膳の知識とノウハウを習得できます。

「がくぶん」の通信教育講座を修了すれば国際薬膳食育師3級資格を取得できます。

国際薬膳食育師3級は薬膳マイスターのことです。

国際薬膳食育師3級は、一般社団法人・国際薬膳食育学会の認定資格になります。

次に、薬膳マイスターの志望動機について紹介します。

1)スリムボディ

薬膳マイスターの志望動機にはスリムボディつくりに薬膳を活かしたいなどがあります。

栄養バランスに優れた美味しい低カロリー食に和漢膳の知識とノウハウが役立ちます。

美味しい低カロリー薬膳でスリムボディつくりしませんか。

和漢膳の知識とノウハウを生かした美味しい低カロリー食つくりは外食・中食・給食の仕事でも役立ちます。

スリムボディ効果のある美味しい料理は多くの女性が求めています。

「がくぶん」の通信教育講座で薬膳のことを学んでください。

2)薬膳マイスター

薬膳マイスターの志望動機には「薬膳」の資格を取得して美味しい料理をつくりたいなどがあります。

一般社団法人・国際薬膳食育学会の認定資格を持っていれば、和漢膳の知識とノウハウを習得している証明になります。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座を修了して国際薬膳食育師3級資格を取得して上位資格に挑戦する人もいます。

「がくぶん」の通信教育の薬膳マイスター養成講座を利用して国際薬膳食育師3級を取得しませんか。

3)美肌と年齢肌

薬膳マイスターの志望動機にはアンチエイジング食つくりがあります。

年齢肌や年齢サインを改善するには、スキンケアと合わせて食生活の改善や生活習慣の改善も大切です。

美肌スキンケアとアンチエイジング食と適度な運動で美肌美人つくりができます。

和漢膳の知識とノウハウを生かしたアンチエイジング食で年齢肌を改善して美肌美人つくりしませんか。

人気の通信教育機関の「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座を修了すれば国際薬膳食育師3級を取得できます。

和漢膳の知識とノウハウはスリムボディつくり・アンチエイジングに役立ちます。

美味しい料理を食べて美肌美人つくりしませんか。






薬膳マイスターに求められる能力

薬膳マイスターに求められる能力は美味しい料理つくりへの興味です。

薬膳を活かした健康食や美容食つくりに興味がある人は「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座を受講しませんか。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座では、健康と美容に活かせる美味しい和漢膳の知識やノウハウを学べます。

和漢膳とは日本人の味覚や体質に合うようにつくられた薬膳です。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座は通信教育講座です。

通信教育講座を活用して自宅でのマイペース学習で和漢膳の知識とノウハウを学べます。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座を修了すれば、一般社団法人・国際薬膳食育学会の認定資格を取得できます。

一般社団法人・国際薬膳食育学会の認定資格には、特級師範・国際薬膳食育師1級・2級・3級があります。

薬膳マイスターは国際薬膳食育師3級のことです。

「がくぶん」の通信教育の薬膳マイスター養成講座を修了して国際薬膳食育師3級を取得して「食」の仕事に活かしませんか。

次に、薬膳マイスターに求められる能力を紹介します。

1)健康食と美容食つくり

薬膳マイスターに求められる能力には健康食や美容食つくりがあります。

健康でスリムボディつくりの健康食やアンチエイジングや美肌効果のある美容食つくりに国際薬膳食育師3級の知識とノウハウが役立ちます。

スリムボディつくりの健康食やアンチエイジングの美容食は見た目を若くするだけではありません。

生活習慣病予防や改善にも役立ちます。

和漢膳の知識とノウハウを活かして美味しい健康食や美容食をつくりませんか。

2)美味しい料理

薬膳マイスターに求められる能力には美味しい料理つくりへの探求心も求められます。

スリムボディをキープする健康食・アンチエイジングや美肌に導く美容食・生活習慣病予防食や改善食は美味しくつくることが大切です。

健康や美容に効果があっても美味しくなければ食のストレスが蓄積します。

美味しい健康食や美容食つくりに和漢膳の知識とノウハウが役立ちます。

3)QOLへの関心

薬膳マイスターに求められる能力には生活の質(QOL)アップに役立つ美味しい料理つくりがあります。

毎日の食生活で生活の質(QOL)を改善できます。

和漢膳の知識とノウハウを活かした美味しい料理で生活の質(QOL)をアップしませんか。

美味しい料理で生活習慣病を予防・改善しましょう。

高血圧・糖尿病・心臓病・脂質異常症・肥満・脳卒中などの生活習慣病は、毎日の美味しい料理で予防・改善できます。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座で和漢膳の知識とノウハウを学びませんか。

健康スリムボディつくりの健康食やアンチエイジング&美肌の美味しい美容食は生活の質(QOL)アップや生活習慣病予防に役立ちます。

学んで健康と美容をサポートしてください。

生活習慣病(高血圧・糖尿病・心臓病・脂質異常症・肥満・脳卒中)を予防する食生活は生活の質(QOL)をキープします。






薬膳マイスターに向いている人・向いていない人

薬膳マイスターに向いている人・向いていない人について紹介します。

薬膳マイスターとして活躍するには「食」への好奇心や料理つくりの楽しさがポイントになります。

「食」への関心や健康食・美容食つくりに興味がある人が向いているようです。

人気の通信教育機関の「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座で薬膳のことを学びませんか。

「がくぶん」の薬膳マイスター養成講座は通信教育講座です。

自宅でマイペース学習ができる通信教育講座で和漢膳の知識とノウハウを学んで、薬膳マイスターの資格を取得しませんか。

薬膳マイスターの資格は一般社団法人・国際薬膳食育学会が認定する資格です。

国際薬膳食育学会認定の資格には、特級師範・国際薬膳食育師1級・国際薬膳食育師2級・国際薬膳食育師3級があります。

国際薬膳食育師3級が薬膳マイスターのことです。

薬膳マイスターの和漢膳の知識とノウハウは、生活習慣病予防改善食・ダイエット食・健康食・美容食つくりに役立ちます。

次に、薬膳マイスターに向いている人・向いていない人について考えます。

1)美味しい料理

薬膳マイスターに向いている人・向いていない人の違いは美味しい料理への関心です。

家族のために美味しい料理をつくりたい・美味しい料理を食べたいなどの探求心が和漢膳を活かした料理つくりには大切です。

美味しい料理をつくることや美味しい料理を食べることが好きな人が薬膳マイスターに向いていると考えられます。

美味しい料理に関心がある人は「がくぶん」の通信教育で和漢膳を学びませんか。

国際薬膳食育師3級は公的資格ではありませんが、生活習慣病予防改善食や健康・美容食つくりに役立ちます。

2)ダイエット食

薬膳マイスターに向いている人・向いていない人を考えると、スリムボディやウエイトコントロールに関心がある人に向いているのではないでしょうか。

和漢膳の知識とノウハウはダイエット食つくりに役立ちます。

美味しくて栄養バランスに優れた低カロリー食でダイエットしませんか。

美味しいダイエット食で皮下脂肪や内臓脂肪を減らしませんか。

皮下脂肪や内臓脂肪は生活習慣病のリスクを高めます。

和漢膳の知識とノウハウを活かして生活習慣病予防・改善をしませんか。

3)アンチエイジングとスタイル

薬膳マイスターに向いている人・向いていない人を考えると、アンチエイジングや美スタイルに関心が高い人が向いていると考えられます。

アンチエイジング食・ダイエット食は、美スタイルの美肌美人つくりだけでなく健康もサポートします。

アンチエイジングと美スタイルキープは生活習慣病予防にもなります。

生活習慣病(脳卒中・高血圧・心臓病・脂質異常症・糖尿病)は生活の質(QOL)を低下させます。

和漢膳の知識とノウハウを活かしたアンチエイジング食・ダイエット食で美スタイルつくりしませんか。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座で和漢膳の知識とノウハウを学びませんか。

講座を修了すれば国際薬膳食育学会の国際薬膳食育師3級を取得できます。

美味しい料理やダイエット食やアンチエイジング&美スタイルに興味がある人におススメ通信教育講座です。